占い結果を聞いてどうする?

占いの結果を聞いて、あなたはどうしますか?その後が大事です。 - 占ってもらった後こそ重要

占ってもらった後こそ重要

占い師に占ってもらい、そのアドバイスを活かせる方もいれば、そうではない方もいらっしゃいます。
その大きな違いは、占い師に占ってもらった後にどのようなアクションを起こしているのかでしょう。

■ヒントをどう使うのか

特に良質な占い師は結論をズバリと命令するようなことはしません。
あくまでもヒントを与えてくれるだけです。
ufyjtd
つまりは利用者に対して、考える機会を与えてくれるのが良質な占い師なのです。
この考える機会に考えもしなければ、当然に結果は悪い方向へと導かれるか、今と何も変わらないでしょう。
占い師によってもたらされたヒントをどう使うのかを考えることこそが占い師に与えられた宝物なのです。

■行動を起こすこと

単純に待っているだけではなく、占いから導き出された良質なタイミングを逃さず、思い切って行動が出来るかどうかも重要ですね。
鑑定に疑いがあれば、一歩を踏み出すことは難しいでしょうが、積極的にアクションを起こすことで、掴み取れるチャンスが巡ってくるのです。
占い師に貰った貴重なタイミングの情報を活かすも殺すもあなた次第ということなのです。

■悩むことが重要

占い師から得られる様々な情報を活かすために思う存分悩んで下さい。
行動することで後悔するのか。
wtrstrs
またしなくて後悔するのか。
決めるのはあなたなのです。
すぐに決めることが出来ないのは、問題が大きれば大きいほどに長くなるのは当然です。
占い師の言うことをまんま実行するのではなく、上記のようなことを考えて行動をしてみましょう。

占いは本当に不思議なもので、よく当たる占い師に出会うことがあります。
人生と占い師との関係を、もう少し考えてみましょう。

◇占い師を頼る構図

世の中には本当に目に見えない、不思議なことがいっぱいあります。
占いもその1つで、本当によく当たる占い師に出会うこともあります。
そして人間はそのような占い師に出会うことで、もっともっと楽に幸せになりたいと考えるものです。
この貪欲さこそが、占い師のアドバイスを頼りすぎる構図になっていくのではないでしょうか。

◇占い師は責任を取ってくれない

しかし占いは人生迷ったときの、1つの参考でなければなりません。
どうしようかと悩んでいるときに、その判断を占い師に委ねるのは大きな間違いです。
占い師が責任をとってくれるわけではありません。
1つのアドバイスとして、占い師のアドバイスを上手に利用することが大切です。

◇後悔こそ宝物

どんな人生でも後悔はつきものです。
でもその後悔によって、わたしたちは勉強していくことができます。
だからこそ失敗を占いや占い師のせいにするような、使い方をしてはいけないのです。
親友のアドバイス、経験者のアドバイスなどと平行線上に占い師のアドバイスも並べ、それを参考にして自分で決断するべきではないでしょうか。

◇まとめ
わたしたちは毎日のように、いろいろな判断に迫られています。
その中でも大きな判断をするときに、最終的にはその結果は自分に戻ってきます。
だからこそ人生の方向は、自分で決める必要があるのです。
そんなときに占い師の言葉を上手に参考にすると、豊かな人生を手に入れることができるのではないでしょうか。

Copyright(C)2015 占い結果を聞いてどうする? All Rights Reserved.